UniMode

ユニバーサルファッションまとめサイト

【靴選び】 下肢障害を持った方の靴選びについて

今回は、実際に下肢障害をお持ちのSさんにインソール・靴選びについてのお話をお聞きしましたので是非参考にして見て下さい。

こちらのページでは「靴選び」についてご紹介させて頂きます。

★今回情報を提供くださったSさんの症状
下肢障害の
▶︎遺伝性ニューロパチー
▶︎シャルコーマリートゥース
▶︎痙性対麻痺
▶︎脊椎小脳変性症
の病名が診断されており、主な症状としては、歩行障害があります。
(筋肉の緊張があり、歩くとき、足首がぶらつくなど。。。)発症は恐らく小学6年生くらいだったと思います。

・選ぶ靴の種類について

靴の種類としては、スニーカーやブーツタイプを選んでおります。

Sさんの場合、歩行時に足首にふらつきがあるので、ハイカットの方が安定はしますが、スニーカーでも特に問題は無いです。

オシャレも大事ですが、歩きやすさを重視して、選んでます。

また下肢障害があり、長距離歩いても疲れにくく、軽い靴が欲しい

そんなSさんのおすすめの靴は

Onitsuka Tiger:RINKAN BOOT

・ブーツと聞くと、履きにくさや重さ、歩きにくさなど懸念される方もいると思います。スポーツブランドからリリースされているリンカンブーツはブーツとしては軽量で、クッション性のある中敷きが採用されております。
リンカンブーツは時間を掛けて自分の足に合わせて育てていく一足だと思います。
オレンジやイエローなどのステッチがあったり、内側にファーが付いている防寒性バツグンのタイプがあったりと、自分の好きなモデルを選べるのがポイントです。 自分が購入したものには3種類の紐が付属しており、靴紐を替えて自分のオリジナルで履けるところもポイントだと思います。

ABC-MART:saucony SHADOW ORIGINAL

ド定番のスニーカーだと思います。笑
一度履き古した後、別のスニーカーを履きましたが、結局sauconyに戻って来ました。 比較的安めの価格帯でこの履き心地と履きやすさはコスパが良く、オールシーズン履けるシンプルなデザインも魅力だと思います。 通勤やプライベートでも使いやすく、重宝しております。 違うモデルもあるので、履き比べて自分に合うものを探してみるのが良いと思います。

・HOKA ONE ONE :CHALLENGER LOW GTX WIDE

・見た目に反してとても軽く(片足364g)、ブランドの由来でもある、飛んでいる感覚で(ソールのクッション性の反発が凄いため足が前に出やすいため)歩けます。
値段は高めですが、値段以上の履き心地、日常のお出掛けが足元から少し変わるような毎日履きたくなる一足です。
※クッション性が凄く、足を踏ん張っても、効きにくい場合もあります。

・asics:GEL-QUANTUM 180 5

メッシュ地の作りのため、柔らかく、すぐ足に馴染むような一足です。
雨の日は履けませんが、蒸れにくく、暑い日やトレーニングにぴったりだと思います。
クッション性のあるソールも魅力の一つで、長距離歩いても疲れにくく感じます。 男女兼用なので、気になった方は是非!

※いずれもインソールを着用してのレビューになるため、全ての人への参考にはなりませんが、興味を持ってもらえたら幸いです。

同じ症状を持ち、靴選びでお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか?

※Sさんの「インソールの制作から使用まで」の記事についてはこちらです。

※アイデアノートは個人の感想や体験談の為、すべての方に当てはまるわけではありません。

(情報提供者 20代 男性)

menu
screen