UniMode

ユニバーサルファッションまとめサイト

【靴選び】 踵がつかない為、足首が固定されていない靴は脱げてしまう No.3(ポンプ型靴編)

★今回情報提供してくださった車椅子ユーザーさんの症状
・車椅子
・上肢、下肢障害 (脳性麻痺)

No1ではベルクロタイプ、No2では靴紐タイプのスニーカーをご紹介させて頂きましたが、今回No3でご紹介するのはポンプ型のスニーカーです。

今回ご紹介するのは、ReebokのInstapump Fury(インスタポンプ フューリー)です!

※Instapump Furyのイメージ画像

Reebok Instapump Fury特集

おすすめポイント
▶︎軽量の衝撃吸収素材を採用
▶︎真ん中の丸い部分を押すことで両サイドに空気が入り足にフィットさせることができます。
※脳性麻痺などで尖足(かかとをつけられない)の症状方は靴が脱げてしまいやすいですが、空気を入れてフィットさせることで脱げにくくする事が可能

・実際に履いている車椅子ユーザーの感想
車椅子に座っていると足が浮腫んでしまう方も少なくありません。
浮腫んできたら空気を抜いて、サイズ調整が簡単に行え、無理なく履くことができます。
購入当初は靴のかかと部分が固く、履くのが難しい場合もありますが、履いていくうちに柔らかくなり、履けるようになりました!!

スニーカー選びでお悩みの方は是非一度お試しください^^

※アイデアノートは個人の感想や体験談の為、すべての方に当てはまるわけではありません。

(提供者 20代 脳性麻痺 女性 車椅子ユーザー)

menu
screen