UniMode

ユニバーサルファッションまとめサイト

【測り方】自分の腕や車椅子の一部を使ってボトムスを選ぶ時の測り方

今回「ボトムスを選ぶ時の測り方」についてご紹介して頂いた、Rさんに自身の症状と測り方についてをお聞きしましたのでご紹介させて頂きます。

★今回情報提供してくださった車椅子ユーザーさんの症状
・車椅子
・四肢麻痺(頸髄損傷C6)

・測り方について

①ウエスト
自分にあったウエストはセンチ・インチの二つで把握はしていますが、
腕を曲げて、肘の先から手の甲までの長さを基準に測りもします。
この長さが僕の好みのウエストサイズです。これくらいならお腹にいい感じの余裕をもたせて履けます。

②股上の長さ
股上は腕を曲げた状態で、肘の先から手首のラインに合うくらいが僕の好みのサイズです。
これより短くなると排尿のときに窮屈でやりづらくなったり、
これより長くなるとルーズなシルエットになるので、
持ち合わせているトップスやアウターとのバランスを考えたり、
「履く時はハイウエストで履こう!」と決め込んだりします。

③太ももの幅
これも股上の長さと同じで、腕を曲げたときに肘の先から手首のラインに合うくらいが好みのサイズです。
これくらいなら太もも周りに適度な余裕をもたせることができます。

④丈の長さ
丈の長さは、ボトムスの裾を床につけたときに一番上のライン
(履き口と言うか、ウエスト部分と言うか)が、車椅子の背もたれと自分の脇の間のゾーンに入っていれば、
僕の好きな長さです。
これくらいなら履いて座位をとったときに靴下が少し見えます。
僕は靴下が見える長さが好きなのですが、このボトムスの場合は靴までしっかり被るくらいの長さがあります。

今現在、自分の持ち合わせているお気に入りのボトムスがあれば、それを使って
「ウエストはこれくらいで、股上はこれくらい……」と言う風にデータを取っておくと、次に新しいもの買うときに役に立つと思います。

オススメは タックパンツ です!

タックパンツ メンズ特集

タックパンツ レディース特集

(提供者 20代 四肢麻痺 男性 車椅子ユーザー)

menu
screen