UniMode(ユニモード)

ユニバーサルファッション&デザインまとめサイト

【下肢装具とファッションについて】

下肢装具とファッション

今回は知り合いの理学療法士さんに
【下肢装具とファッション】についてお聞きしましたのでご紹介させて頂きます。

まず、初めに

みなさんはどのような目的で、下肢装具を作製しますか?

下肢が変形することに対して進行を遅らせる・立位や歩行動作が安定すること が、主な下肢装具の役割だと言われています。

そして下肢装具を使用する方にとって最も大切な事は、
身体への負担が軽減し、他のことにエネルギーを注ぐことが出来る、行きたい場所へ行きやすくなる、1人で出来ることが増えるなど、生活の幅が拡がることではないかと考えています。

▶︎下肢装具選びについて

しかし、車いすユーザーさんたちからは、補装具に対する悩みがたくさん…。

「重い…。」

「もっと可愛いデザインの靴も履いてみたい…!」

もちろん、身体にとっては補装具が大切な場合が多いですし、最近の補装具は、デザインも工夫されているものもたくさんあります。

ですが、靴屋さんで見かける可愛い靴たち…憧れますよね^^

リハビリや日常生活では、補装具をメインで履いていても、特別なお出掛け、ちょっとオシャレしたい日は、身体に無理のない範囲で、足元までファッションを楽しんでも良いのではないかなと思っています。

▶︎オススメの靴

例えば尖足のある方には、写真の様なインヒールスニーカーがおすすめです^^

たくさんのブランドから、数年前から出ています!

サイドジップのあるデザインなら、なおさら履きやすいです。

また、最近流行っている、靴紐の無いデザイン。ボタンを押して空気圧を調整したり、ダイヤルを回すことでアッパーが締まったり緩んだりします。

※インヒールスニーカー特集です

▶︎最後に

麻痺のある方でも着脱しやすく、また足首の固定がしっかりするので歩きやすいです。

街中には改めて見てみると、良い靴がたくさんあります。

ご自身の身体の状態を把握し、靴の特徴を調べ、車椅子など他の補装具との調整をする必要もありますので、気になる物がありましたら一度知り合いの専門家の方にご相談してみてはいかがでしょうか^^

menu
screen